育児日記

兄が妹を受け入れるまで

前回の記事はこちら
まずあやまれ https://bloghajime.com/jikosyoukai/ まずあやまれ 大丈夫よ〜 ぺいちゃ...

兄が妹を受けれるまで

好きで兄になるわけではないよね

2歳3ヶ月にして兄になった息子。なんかよくわかんないけどしばらく会えなかったママが、やっと帰ってきた!と思ったら…

ぺいちゃん
ぺいちゃん
ママだ!……えっ、誰そいつ……

って思ったことでしょう。実際の反応は薄いものでしたが、内心は複雑だったと思います。

なんかギャーギャーうるさいし、ママもパパもずっとそいつを抱っこしてるし、今まで僕が一番だったのに「ちょっと待っててね」なんて言われて後回しにされることも多いし……。

もともとイヤイヤ期だった息子ですが、妹が生まれた頃のイヤイヤ度合いはひどくなりました。

さらに、何か感情が昂った時に「きゃー」と叫ぶようにもなりました。

保育園の先生にも

「最近よく叫ぶんですけど、やっぱり妹ちゃんが生まれたからですかね。おうちではどうですか?」

と言われるようになりました。やっぱり妹が生まれたストレスがあったんだなと思います。

親としてできることは。

  • 妹のことで待たせてしまった時は、あとでぎゅっと抱きしめること。
  • 「ぺいちゃん大好きだよ」と言葉でもちゃんと伝えること。

を心がけました。あとはぺいちゃん自身が葛藤して妹を受け入れる気持ちになるのを待つことしかできない!

現在妹が生まれてから4ヶ月たち、兄としての自覚というまではいかないけれど、家族として妹を受け入れてくれたぺいちゃん。叫ぶことも以前よりは少なくなりました。

妹を気にかけて時々優しい言葉をかけてくれてるのが、ありがたいし微笑ましいです。

次の記事はこちら
産後体型 https://bloghajime.com/anigaimouto/ 産後体型 やばいやばいと思いつつ産後4ヶ月経って...