勉強

【勉強録】上部消化管内視鏡検査の基礎【胃カメラ】

今回は上部消化管内視鏡検査について勉強しました。

上部消化管内視鏡の基礎

口や鼻からスコープを挿入し、食道・胃・十二指腸の観察や検体採取を行う。

経鼻内視鏡は、経口に比べて苦痛や心肺機能への影響が少ないと言われている。

精密検査や治療には、より繊細で機能がある経口内視鏡が使用される。

使用する薬剤

検査前後の確認事項

食物は摂取後4〜6時間で十二指腸に達するので、検査時に残渣がないように通常は前日から絶食を行う。

抗血栓薬は、生検や切除を行う場合は出血のリスクが高まるのであらかじめ休薬する場合がある。ヘパリン置換を行う場合もある。